ずぼら母の育児メモ ~2023年中学受験&幼児教育~

小1息子の学習&生活記録。Z会小学生タブレットコース3年生を6月から受講中。2023年中学受験するかも。地方在住。2歳娘の子育てや家計管理も。

船津 徹さんの「世界標準の子育て」は、我が家が大切にしている子育てに近い!

 

 ひとりの時間

週末は、夫が娘を見てくれたので、

がっつり、ちょっと大きめの本屋さんで、本を読めました。

「たまには一人の時間を~」ということで、

もらった一人の時間ですが。

 

結局、本屋さんで4時間くらい、

立ち読み&問題集の選定をしていました(^^;)

 

佐藤ママの最新刊からビジネス書まで♪

 

 

船津 徹さんの「世界標準の子育て」

「世界標準の子育て」を発見!!

その中に、

「お~我が家の子育てだ~!!」

と、見つけたのが、こちらの、

「世界標準の子育て」です。

  

 

私のしている子育てと、夫の子育てに対する考え方と

似通っていて、

まさに「私のブログに書きたいこと!!」が書いてありました。

 もちろん、それ以外のことも書いてありました。

 

「私、ブログ、書く必要ないかな…」と思ったりもしましたが、

勉強の細かいことは書いてないので、そのあたりを書けば良いのかな。

と思いました。

 

というか、7月に出版されていますね(^^;)

もう、皆さん、読まれているかもしれませんね。

息子の習い事の間によく行く本屋さんでは、

見なかったのですが…。

 

小さい本屋さんなので、出口さんの論理エンジンもおいてないです(><)

今回、しっかり比べることができました。

「はじめての論理国語」は小5レベルがないので、

論理エンジン3年生をしようと思います。

まだ、先です…。

 

 

「世界標準の子育て」に触発されて

ポリシーは似ていましたが、

スタンフォード大学とか、東大などのトップレベルの大学については、

息子には縁がない話だと思っています。

 

<田舎の何にでも不器用な子というのが、

 私と夫の息子へのイメージなので。

 努力することを継続できる子ではありそうかな>

 

しかし、関係はないけれど、個別に参考にする点もありました。

小6時点で、3学年先取りなどです。

そして、そこを目指すべきなのかなぁと感じました。

 

まぁ、息子の興味が広がれば、

先取りできるかなという感じです。

 

私は、基本的には、紙ベースの問題にいく前に、

どこまで興味を持っているか、好きかを前提にしているので、

好奇心や興味が広がらないと、先取り学習できないのですよね…。

 

まぁ、広げていくのは、私の仕事だと思うので、

私も一緒に楽しみながら、進めていければよいかと思っています。

 

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

教育や子育てに関係するブログです。
にほんブログ村 低学年の子

にほんブログ村 小学校教育

にほんブログ村 中学受験(本人・親)