ずぼら母の2023年中学受験メモ

小1息子の日々の学習&生活記録。Z会小学生タブレットコース3年生を6月から受講中。2023年中学受験するかも。田舎在住。2歳娘の子育てや幼児教育についても。

年長の時、1年生の先取りできなかった理由

息子は6月からZ会小学生コース3年生を始めました。

小1なので2年先取りになります。

 

通信教育については、去年の年長4月に『スマイルゼミ』ができればいいなぁと検討したのですが、残念ながら去年の4月時点で1年生の通信教育をするのは息子には難しいとあきらめました。

 

小学校入学前でも興味を持ったお子さんなら、年長児に1年先取りをさせるのは、そんなに難しいことではないと思います。

スマイルゼミ、楽しそうですし、専用タブレット!いいなぁと思ったのです。

 

1年前は1年先取りをするのが難しかったのですが、ここにきて通信教育を考えたところ2年先取りできそうよね?ということで、3年生コースにしました!

 

??そうなんです!

この1年で2年分くらい伸びました!といっても伸びたのは国語の『書く力』です。

 

年長の4月の時点で息子ができたこと、分かっていたこと

 たし算・ひき算 繰り上がり、繰り下がり含む100くらいまでの計算

 かけ算の意味の理解・2の段・5の段・わることの理解

 漢字 小学1年生の漢字はほぼ読めたと思います。

 

これだけできたら、1年生の勉強して欲しかったです。

でも、書けなかったのです!ひらがな・カタカナ・数字…。

書くのが好きではなかった息子、幼児ワークをさら~っと流し、書けないのなら、書かなくても良い勉強をしよう!楽しい学習をしようとナンバープレート足し算・引き算とかしていました。

 

さすがに、夏休みにひらがな・カタカナ書けるように母塾で頑張りました。

あんまりやる気がでない息子と集中して頑張りました。

 

 

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

 

 

 

なぞらずにうまくなる子どものカタカナ練習帳

なぞらずにうまくなる子どものカタカナ練習帳

 

 

 

 

年長の秋くらいから、1年生になった通信教育をさせよう、なにがいいかなぁ。

公文や学研も体験いってみようかなぁ…と思っていました。

そこはずぼらな母、思っているだけでしたがさすがに、探さないとということで、

公文の体験に行くことにしたのです。高いのは知っていました!

なので体験だけの予定でした。通信教育も確認したいし。

国語なんてそれこそさせる予定もなかったのに、体験の教科を国語と算数にしてしまったのです。

 

簡単なところからスタートする公文、案の定ノリノリの息子に夫がそのまま通えばと…。教育費の圧迫です!

 

でも、おかげさまで漢字の導入、公文で終わっちゃいました。

4か月でさぁ~っと進み、1年生にもなれ、教育費かかりすぎてます…ということで、6月から国語をやめて通信教育にすることになりました。

少し安くなりましたよ。

 

結論が伸び伸びになりましたが…。幼児の力ってバラバラで未知数なんですよね。

義務教育が6歳なのは、だいたいそのくらいからなら学習できるからっていうことですし。いつ何が伸びるかわからないので、焦ってさせず、楽しいこと、得意なことをどんどん進めていくのが、幼児、低学年には必要なことではないかと思います。